*** 沿 革 ***

     昭和29年 7月  東京都中野区においてプレス、旋盤加工の事業を個人経営で創設

     昭和36年10月  デンヨー株式会社埼玉工場内に埼玉事業所を設置

     昭和45年 7月  デンヨー株式会社滋賀工場内に滋賀事業所を設置

     昭和48年12月  組織を変更し、資本金300万円をもって株式会社三協製作所を設立
                 初代代表取締役社長に創業者である木下喜十郎就任

     昭和52年 4月  第二代社長に木下昭一就任

     昭和53年 4月  資本金を500万円に増資

     昭和55年 3月  第三代社長に木下力就任

     昭和56年11月  埼玉事業所を廃業
                 デンヨー株式会社福井工場内に福井事業所を設置

     昭和56年12月  滋賀県秦荘町(現・愛荘町)に秦荘工場新設稼動
                 板金加工業に進出
                 滋賀事業所を秦荘分工場とし、事業所登録廃止

     平成 2年 3月  資本金を1000万円に増資

     平成14年12月  株式会社設立30周年

     平成16年 7月  創業50周年

     平成19年12月  東京都中野区より滋賀県愛荘町へ本社移転

     平成21年 3月  第四代社長に木下隆史就任

     平成24年12月  株式会社設立40周年

     平成25年 1月  福井事業所を廃業






デンヨー株式会社認定協力工場としての歩み

 太平洋戦争が終わった昭和20年代、東京中野に三協製針株式会社という縫製針を作る会社がありました。
 そこで役員をしていた木下喜十郎が、近隣でエンジン溶接機製造を始めた日本電気熔接機材株式会社(現・デンヨー株式会社)の仕事をお手伝いするようになり、三協製作所が誕生しました。
 昭和29年、今から55年も前の話です。
 それから、デンヨー株式会社は埼玉、滋賀、福井と製造拠点を広げ、エンジン発電機、エンジン溶接機において国内トップシェアを誇る東証一部上場企業へと発展を遂げました。
 我々株式会社三協製作所も微力ながら最古参の協力企業として、基幹部分となる発電機単体(モーター部)の製造を担い、半世紀に亘り共に歩んで来ました。
 創業者の教えである「身の丈を知れ」を忠実に守り、企業規模は決して大きくはありませんが「縁の下の力持ち」の心意気は何処にも負けないものと確信しています。